テキスト内に、以下要項にそって記述してください


原稿形式

  • 小説:TXT形式
    • Wordの場合は、保存時に「txt形式で保存する」を選択して書き出してください(他ソフトもだいたい同じです)
    • 分からない場合は、Wordの保存形式でも構いません(+300円)
  • 挿絵:PhotoshopPSD形式、もしくはTIFF形式(ともに最高画質)
  • RGB可。こちらでグレー、もしくはCMYK変換を行います(無料)

ルビ

青空文庫のルビ形式で表記してください→【参考】

  • 例文1 |李朝《りちよう》
    ※「李朝」に「りちよう」とルビが振られます
    ※ルビは小さな文字になるので、「りちょう」と「ょ」を拗音にするのではなく「よ」としたほうが、ルビにしたとき綺麗です
  • 例文2 博学|才穎《さいえい》
    ※「才穎」にルビが振られます
  • 注意事項
    《》(二重山括弧)を使用してください。≪≫(二重不等号)と似ているので、注意を

傍点

青空文庫のルビ形式で表記してください→【参考】

  • 例文1 《ゴマ:あさましい》身と成り果てた今でも《ゴマ終了》
  • 例文2 《黒丸:隴西》
  • 注意事項
    《》(二重山括弧)を使用してください。≪≫(二重不等号)と似ているので、注意を

改段

<--/改段(何行アキか)/-->

  • 不要な場合は、「改行後後すぐに本文開始」と指示
  • 2段組みなどで章が変わるときなど、必要に応じて指示してください

改ページ

<--/改ページ(何行アキか)/-->

  • 不要な場合は、「改行後後すぐに本文開始」と指示
  • 章が変わるときなど、必要に応じて指示してください

挿絵

<--/挿絵(画像名)/-->

  • 挿絵がある場合は、どのシーンに挿入するのか、本文内にご指定ください

縦中横に関して

  • 縦中横の設定は、最大で3桁までの対応となります
  • 半角で執筆してください(例:「!!」「!?」「?!」「??」など)

フォントに関して

  • 商業利用不可な場合や環境不適応で使用できない場合があるため、フリーフォントでの制作は行っておりません
  • 「あ行に濁点がつけられるフォント(源暎こぶり明朝ネオ濁点明朝など)には、対応していません。あしからずご了承ください

その他

  • 文章の始まりは何行空けてからスタートするのかなど、ご提出時のテキストの冒頭にお書き添えください(例:どの章でも始まりは5行アケ)
  • 機種依存文字は使用しないでください(当方の環境はMac10.14/InDesign)

ご自身でPDFデータを作る場合

  • フォントはすべて埋め込んでください
  • 正寸で制作してください(A5サイズの場合、縦210mm×横148mm)。各辺3mmの裁ち落としは不要です